人生

内定辞退の電話が怖い奴、例文用意したからこれ使ってみて欲しい

そういや先月受けた転職先の面接合格したんすよね。

ただ諸事情があって、先日内定辞退の電話してきました。

事の発端は合格通知の電話連絡後、制服合わせに来てくださいとのことで転職先の施設行ったんですよ。

そしたらその時に、係長だかリーダーだか分からんけど、俺の直接の上司になるっぽい奴が勤務時間とか勤務内容とかの説明する担当だったんです。

で、そいつとはもちろん初対面だったんですが、

係長「えーと誰さんですっけ?」

紅鮭「あ、紅鮭といいます」

係長「何歳?」

紅鮭「37歳です」

係長「結婚せんの?www」

・・・頭イカれとんのかこいつ?

初対面で何故かタメ口で結婚に関してニヤニヤしながら余計なお世話って、俺はお前のお友達か?

幸い、俺自身は結婚願望がないということで結婚してないコンプレックスみたいなもんは全くないんですが、世の中には結婚したくても出来ない人もいるだろうに、このご時世に未だにこんな事を言ってくる昭和の価値観で生きてる奴がいる事実にビビるというか、もはや怖い。

しかも年齢も俺の2、3個上とかしか違わないくせに、こうも価値観が違うかねと。

人によっては完全にセクハラですからなこれ。

いや、人によらんでもだな。

何つーか、そういうとこまで頭が回らない感性というか地頭の悪さがちょっと無理。

しかも年齢が俺の2、3個上で、なおかつ同じ大学の出身ということが判明すると、そこから妙に慣れ慣れしい感じでしゃべってきたのが最高にウザかった。

係長「えー俺サッカーサークルやったけど知らん?」

係長「同じ大学かー。てか見たことねーけどいたっけ?」

と。

知らんがな。

俺はお前のお友達かって言ってんだよオイ。

しかも絶妙にしつこくて、上記のような感じのやり取りが20分くらい続いて。

「ここで働くのは辞めといた方が良い」

俺のセンスがそう言ってた。

うん、完全に萎えた。

恐らくこっちが緊張しないようにフレンドリーな感じで接してきた可能性もなくはないが、最高にウザいことこの上なかった。

せめて入職後にしろやそういう態度はよ。

制服合わせなんて事務的な対応でエエねん。

何か入職後にもウザい先輩風吹かせてきそうな雰囲気がビンビンにしてて、俺が最高に嫌いな体育会系特有のパワハラ気質なタイプの匂いを若干感じた。

という経緯もあり、先日、内定辞退の電話連絡をしときました。

内定辞退の電話するのが怖い人への処方箋

普通だと一度決まった内定を辞退するのって結構気が引けるじゃないですか。

気まずいというかさ、色々と面接とか諸々で自分に対して時間使ってもらってるわけですし。

中には内定辞退の電話連絡したら先方に怒られるんじゃないかと思って「怖い」って感じる人もいるかもしれません。

でもですね、よーく考えて欲しいんですが、あなたは既に内定辞退する気なわけですから今後一切その会社の人間と関わる事がないわけです。

言うて実際に顔を合わせて会った人間なんて面接した奴くらいでしょ。

それも1回ぽっきり。

果たして1ヶ月後に飲みに行った店でその面接官がいても顔覚えてます?

向こうも多分一緒で、多くの応募者の内の一人に過ぎないあなたの顔なんて1ヶ月もしたら忘れてますよ。

なので、たった1回の電話した後は今後一切関わることの無いそれっきりの関係なんで、内定辞退の電話が怖いという意識を持つ必要はないというか意味が無いんです。

というか別に内定辞退の電話で怒られる事なんでまずないですし、それこそ内定辞退の電話連絡程度で既に怒ってくるような会社なら、なおさら事態した方が賢明だと思うのは俺だけだろうか。

まあ内定辞退の電話すらせずにブッチするって手段もなくはないけど、さすがにいい大人がそれはちょっとアホっぽいよね。

とりあえず内定辞退の電話するのが「怖い」という感情は、そこまで心配する事はないですよって話です。

で、内定辞退の電話をしたら必ず「理由」を聞かれるんで、そのパーフェクトな例文を用意したんで参考にしてみて欲しい。

内定辞退の電話する際の例文

内定辞退の理由を用意する意味というのは、いわば「説得」のためですね。

こちらの意見を通すための説得です。

説得のための理由には「リアリティ」と「ディティール(詳細)」が大事です。

より詳細を語る事によって、そこにはリアリティが生まれ、説得力が増すからです。

というわけで、以下が俺が実際に電話で使った例文です。

ポイント

「○月からの内定を頂いている〇〇と申しますが、採用担当の〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか?」

担当に変わる

「お忙しい所申し訳ありません。大変申し上げにくいのですが、本日は内定辞退させていただきたくご連絡させていただきました。」

理由をきかれる

「実は5年前に母が脳出血で倒れて半身麻痺が残りまして現在は自宅で生活しているのですが、その当時半年くらい入院していた経緯がありまして。それで先日また母が倒れまして意識はあるのですがまだICU(集中治療室)に入っていて、恐らくまた半年は入院になるだろうと先生がおっしゃってました。ですので、入社直後からも母の服の洗濯物の引き取りや容態変化とかで突然呼び出されることもあるので、こちらにご迷惑をかけますので、面接等でお時間を割いて頂き申し訳ないのですが、今回の内定は辞退させて頂きます。」

これよ。

内定辞退の電話連絡で対応した人間は、普通に常識的というか話が通じる人で、母の容態を心配してくれたうえに

「うちとしましては是非来ていただきたいので、お母様のご容態が落ち着きましたらまたご連絡下さい」

という感じで波風立てずに内定辞退することが出来ました。

予想では

「お母様の件で病院から呼ばれたら休みはあげますから、、、」

みたいな感じで食い下がってくるかと思ったけど、割とあっさり終了して何より何より。

という感じで、向こう側がどうしようも出来ない事柄を理由に、なおかつこっちサイドも決して御社が嫌になったから辞退する訳じゃないですよ感を出すことも出来る内定辞退の電話連絡する際のテンプレートです。

もし内定辞退したいけど電話が怖いとか、辞退の理由が思いつかないって人は今回のテンプレート使ってみてください。

-人生
-,